環境保護のために、中谷産業が取り組んでいる活動内容をご紹介しています。

ホーム » 環境保護への取り組み
環境保護への取り組み
中谷産業は事業がエコ。さらに進んだ環境保護活動へ 地球温暖化防止に貢献する間伐材の有効利用を進める中谷産業は、事業活動そのものが環境保護と直結しています。だからこそ、もっと踏み込んだ環境保護活動に取り組むことが企業の社会的責任であると考えます。行政あるいは他企業と連携しながら、企業市民の一人として未来を見据えた様々な活動を行っています。
私たちの取り組み
間伐材の利用分野を広げ地球温暖化防止を。

地球の温暖化が世界規模で問題となるなか、二酸化炭素を吸収・固着し、地球温暖化防止に効果を発揮する森林づくりが重要な課題となっています。
戦後国策によってスギやヒノキの人工林が日本の森林の4割に達しましたが、人工林を山として循環機能させていくには、コンスタントな山の手入れや維持管理が不可欠です。そうした手入れによって生まれる間伐材や木材を有効活用することにより、その資金で再び森林整備が充実していきます。
中谷産業は、豊かな緑と水を育み、私たちの暮らしに潤いを与えてくれる森林を守るために、間伐材の利用分野を拡大し、間伐材製品の価値を高めていくことで、さらに地球環境保護に貢献できるよう製品開発に取り組んでいます。

低炭素社会の実現に向け、産官学連携の取り組みを実践。

二酸化炭素の排出量が少ない社会、いわゆる「低炭素社会」の実現に向けて国を挙げた取り組みが進むなか、中谷産業では、行政や学術機関と連携し、CO2削減の具体策を探る様々な調査や実験にも積極的に参加しています。例えば、木製治山ダムを事例にコンクリートダムと比較しながらライフサイクル全体での排出量を量るライフサイクルアセスメント(LCA)を実施。また、同業他社と連携して世界各国での環境保護活動を調査するなど、次世代に美しい地球環境を伝えるために、事業領域にとどまらない積極的な取り組みを行っています。

最新情報