間伐材(加圧注入)による環境ソリューション事業の特徴をご紹介してします。

ホーム » 環境ソリューション事業 » 間伐材活用による環境保全

ここが違う!間伐材活用による環境保全

耐久性、安全性、経済性に優れた環境資材。企画から施工・メンテナンスまでご提供します。

資材が違う!

推定50年の高耐久性と、低コストを実現。

間伐材に深浸潤特殊処理を施したあと、加圧注入処理を行うことにより、推定50年の高い耐久性を可能にしたO&Dウッド。コンクリート並みの耐久性を誇りながら、コンクリートとは違い、生産エネルギーは必要ありません。さらに加工や製造時のエネルギー使用量は、コンクリートや鉄よりもはるかに少ないことから、環境の世紀に不可欠な資材と言えます。さらに、製造フローの前工程に深浸潤特殊処理を加えることで、10年程度と言われる従来製品よりもはるかに耐久性を高めることができ、コンクリートから木材へ、資材の転換を可能にするのがO&Dウッドです。

環境にやさしく、安全な木材保存剤を使用。

O&Dウッドに使用する木材保存剤マイトレックACQの成分は、普通物であり環境への負荷がほとんどなく、世界中で高い使用実績を誇ります。有害物質を含まず、燃やしても有毒ガスが発生しないうえ、一般の木材と同じように処理できます。 中谷産業では、マイトレックACQの加圧注薬設備(コシパック)を完備し、薬剤を確実に木材内部まで注入。厳しい品質管理を経て、商品化を行っています。

景観にやさしく、幅広い用途に対応。

中谷産業が提供する資材は、森林保護のために間伐された木材で、すべて天然素材です。そのため、治山や河川などの公共工事においても、コンクリートとは違い自然の景観に美しく調和します。また、道路や公園などに利用し、街にやすらぎと温もりを創出するのも特長です。現地施工が簡単なことから、幅広い用途で活用いただけます。

間伐材利用で、森林保護と地球温暖化防止を。

森を守り、木々を健やかに育てるためには、間伐は欠かせません。間伐された健康な森林は川や湖をはぐくみ、私たちの生活に潤いと安全をもたらしてくれます。しかし、間伐された木材を放置していては、木が腐りやがてCO2(二酸化炭素)が空気中に排出されてしまうのです。すなわち、森林の活性化と保全、地球温暖化防止には、間伐材の有効活用が欠かせないのです。 中谷産業は間伐材に保存処理を行うことで、木材中により長く炭素を固定し、地球温暖化防止に貢献します。そして間伐材を大量に活用することで、森林の保護にも力を発揮します。

環境保護への取り組み

サービスが違う!

企画・設計・製造・施工すべておまかせください。

中谷産業では、高い耐久性を誇る環境資材を活用し、様々なお客様のニーズにお応えできる企画提案から設計、製造、そして施工まで一貫して行っています。企業活動に対して環境保護への具体的な取り組みが求められるなか、優れた企画力でプランをご提案。経験豊富なスタッフによる施工まで行います。

メンテナンスも承ります。

木材のプロである中谷産業では、あらゆる木材のメンテナンスサービスも行っています。それが「CRサービス」。子どもたちの安全を守るため、木製遊具などの劣化診断を行うほか、神社仏閣をはじめとした木造建築物の劣化診断や補修までを承ります。

木材劣化診断